[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売

Excelで簡単にバーコードやQRコードを作成!AccessやWordでバーコードを作成する手順も紹介


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

バーコードは、お金を稼ぐ手段の1つになるケースもあります。専用アプリを使用すれば、個人のスマホでもお金を稼ぐことは十分可能です。お小遣を稼ぐために、バーコードを読み取っている方も少なくありません。そもそも、殆どの商品にはバーコードがプリントされています。たいていはレジのセンサーで読み取る事になりますが、実はそのコードはアプリで読み取る事も可能です。その手順ですが、まずはスマホやタブレットに専用アプリをインストールしておきます。インストールが完了したら、スマホでアプリを立ち上げます。するとスマホのカメラ機能が起動しますから、それで商品のバーコードを読み取っていく訳です。スマホのカメラには、様々な情報を読み取れる機能があります。スマホカメラは自撮りなどで活用される事も多いですが、実はバーコードを読み取る事も可能です。イメージとしては、QRコードに似ています。モザイク状のQRコードを読み取ってみると、指定のWEBサイトにアクセスする事もできます。バーコードにも同じような機能があって、商品の情報を読み取ることも可能です。商品の具体的な名称や値段などのデータも、簡単に読み取ることができます。ところで人によっては、レシート読み取りのアプリを使用していることがあります。買い物に行きますと、お店では必ずと言って良いほどレシートを渡してくれます。そこで上記のスマホアプリを使用して、レシートの画像を読み取ってみる訳です。まずは画像を読み取って、そのレシートにプリントされている商品のバーコードをアプリで読み取って、指定のデータを送信します。するとアプリの提供元からお金を受け取れる訳です。提供元によってはポイントを受け取ることもできます。つまりレシートとバーコードという2つの情報を読み取ると、お小遣いを稼ぐ事もできる訳です。1日10円ぐらいの金額でも、365日なら3560円相当になるでしょう。お小遣いを稼げるだけに、バーコード読み取りのアプリに注目している方も最近増えてきています。
Tagged on: ,[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売