特注看板.com


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語では sign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

道路工事に使用されている工事看板は、法律で内容が規定されています。工事看板に関することを規定する法律は昔から存在しましたが、平成18年に新しい法律が施行されています。工事看板に関する法律の内容が改正されたのは、それまでの法律に規定された内容だけでは不十分になったからです。法律が改正される前の工事看板に対する利用者の声として多かったのは、どのような目的で工事をしているのかということがわかりにくいことです。工事が終了する日時がわかりにくかったことも、法律が改正する前に多くの一般の人が感じていたことでした。法律が改正されたことにより、こうした従来の工事看板が持っていたデメリットが解消されて、よりわかりやすい工事看板が作られるようになりました。新しい法律に従った工事看板では、工事に関する理解を求めるあいさつ文を記載する必要があります。看板には、どのような目的で工事をしているのかについて、わかりやすく記載することも必要です。工事期間もわかりやすく表示することが求められていて、見た人が工事期間を一目で理解できるように、終了する日だけを表示することになっています。工事のおこなわれる期間を見た人にさらにわかりやすくするため、枠で文字を囲む方法などをすることも必要です。文字を大きくすることで、工事期間をわかりやすくする方法もあります。新しく改正された法律では、工事看板に工事種別を表示することも規定されています。工事の内容を簡潔に説明した文章を記載する必要があります。工事看板には、工事を実施している人や工事に関する問い合わせ先などの情報も記載することが必要です。これらの情報は、工事を実施している人に関心を持っている道路の利用者が、確認できる程度の大きさで表示する必要があります。工事に関する情報を記載した工事看板は、付近を通行する車のドライバーに知らせるため、工事開始から終了まで設置する必要があります。
Tagged on: ,特注看板.com